2008年12月31日

今年最後の日

29日の日に、無事1ヶ月検診を終え子宮癌検診を受けて帰ってきました。
結果は1週間後だそうで・・・・。
何もないと良いのですが☆ドキドキです。

うちのリナは、先生が見てもかなり大きくなったみたいで
『ほっぺのお肉がすごいねー(笑)』って笑われてました☆
しかも、色黒ちゃんみたいです。
私も旦那もそうだから、仕方ないかー。って思うけど、
やっぱり色白になって欲しかったなぁ。
大きくなって変わってくれたら良いのですが。


最近は、やっと子育てに慣れて来たかな!?って所ですが、うちの子はあまり寝ない方なのか、寝て欲しい時間に全然寝ずに『遊べ!』と催促して困っています><

でも、赤ちゃんの成長ってすごいなぁ。って思う毎日で、ぼけっとしてるとあっという間に『こんな事出来てたっけ?』と色々な発見もあり大変ながらにも楽しいです!

最近は笑顔を良くみせてくれるので、

旦那も『リナがとても可愛い〜〜!!』ってにやけてます(笑)

赤ちゃんとの生活って本当にあっという間で、
自分がやりたいな。と思ってることの半分も出来ない日々です。
ご飯を食べるのもやっと・・・。みたいな。

こんな感じで来年もスタートするんでしょう。
落ち着くまで、頑張っていこうと思います!!


今年一年も、ブログで仲良くさせて頂いてとても楽しかったです!!
また来年も宜しくお願いしますねー!!

では、皆さん良いお年を〜!!

ラベル:韓国
posted by デージー at 11:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

トウミアジュンマの実態。

産後チョリウォンには入らず自宅で療養する事に決めたので、義母さん一人じゃ大変だから。
と言う事で、トウミアジュンマ(ヘルパーさん)を頼む事にしました。

ベビーフェアの時に、いくつかヘルパーの会社が出ていてお話を聞いたときにとても良さそうだった所へお願いしました。

『チョリウォンに入らなくても十分!大丈夫です!』と自信満々だったし。

カタログを見ても、家事・洗濯・掃除赤ちゃんのケア・お母さんのケア。マッサージもしてくれる。
結構サービスも良い感じだったので、お願いしたのですが・・・。

旦那が『とにかく良くしてくれる人をお願いします。』と強く言ったのにも関わらず、来たアジュンマはとんでもない人でした。

歳は60歳以上のおばーさん。
義母さんも、自分より年上の人が来てびっくりしてました。

退院後1週間は、とにかく自分の体も不自由だし寝不足だしで食事と赤ちゃんの事を少しでも見てくれる人がいる。ってだけで、『あぁ。お願いして良かったなー。』って思っていたのですが・・。

少しずつ自分の生活パターンにも慣れ、体も徐々に回復してくるにつれ、アジュンマの行動が気になり始め・・・。

まず、掃除。掃除をしてくれるはずなのに、私と赤ちゃんがいる部屋だけしかやらない。

洗濯。洗濯機の使い方を聞いてくれれば良いのに、聞かず勝手にやってるもんだから脱水も出来てなくてびしょびしょ状態。
更にピジョンを入れる場所に洗剤が入ってるんですけど(怒)

私が『これ脱水してないですよね?洗剤もここだと困るんですけど。』って言うと、

アジュンマ(と言うかハルモ二)は、『あれ?おかしいわぁ。ちゃんとやったんだけどねぇ。』と言い訳をする。

しかも、テレビばっかり見ている・・・・。
ここあなたの家じゃないんですけど!?ってくらい一日中見ている。
赤ちゃんが泣いてるにも関わらず、全然部屋に来てくれない。

私も寝なきゃ体力的に持たない。って事で、赤ちゃんを見てもらおうと思い部屋を出てみると、

義母さんが使っていた布団を敷いて寝ているではないか!!!

私が急に部屋から出たから、アジュンマもちょっと慌てて起き上がり
いそいそと赤ちゃんの所に来たけど、あり得ない・・・。
1度だけじゃなくて、何回か寝てた。
イビキが聞こえてるんだよ(怒)

ひどすぎる。

赤ちゃん用のマットの上で、テレビの放送を見ながらヨガとかやってるし、旦那の運動用の腹筋器具で一人で腹筋してるし。

しかも、『教会のモイムがあるので・・・。』って、朝来て5時間くらい抜けたり、早めに帰ったりするし。

キッチンも汚いし、鍋とかフライパン、まな板全て汚くて買い替えました・・。
衛生的に悪すぎだろ!!

義母さんが、私のために買って来てくれた高級柿。
私は買って来てくれてた事、全然知らなかった><
アジュンマが一人で、ほとんど食べていた。


帰宅の時はバッチリ化粧をして帰るアジュンマ・・・・。
歳を考えろー!!!


日本の感覚だったら、絶対に訴えてます。
トウミアジュンマを雇うのは、絶対にオススメしません。

もう二度と頼まないです><
チョリウォンに行けば良かったなーってものすごく後悔しました。








ラベル:韓国
posted by デージー at 11:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

海外で出産

初産にも関わらず、そして韓国語もあまり上手くない私が
韓国で無事に出産出来たのは、本当に奇跡だったような気がします。

本当は日本で出産したかったんですけどね☆
実家が自営業と言う事もあり、面倒見切れん。と言われちゃった
ので(涙)
旦那も協力する!と言ってくれたので、韓国で出産をする事に決めました。
全然知識もなかったから、無謀だったなぁ。って今にしてはちょっと思うけど。

無事に出産も終えたので、私なりの出産へのポイントをまとめて
みました!!
参考にならないかも知れないですが・・・・(笑)

@旦那の協力&教育

やっぱりこれは一番大きいですよね☆
病院にも毎回同行してもらわなくちゃ通えなかったので、妊娠期・中期は月1回の検診だったけれど、後期に入ると毎週のように通わなくてはならなかったので、仕事もあるのに連れて行ってもらっていたから、ここは理解と協力がなかったら大変だったと思います。

病院に一緒に行って、超音波を見たり先生からお話を直接聞いたりしたのは良かったみたいです。
赤ちゃんへの実感が持てたみたいだし、色々と率先してやってくれたりして今まで何もしてくれなかったのが嘘みたい!ってくらい人が変わっていました(笑)

後は、旦那にも妊娠について勉強してもらいました☆
本屋さんで、『妊娠40週』と言う分厚い本を買って週ごとに今は
こんな状況で・・・。と言う風に一緒に見て勉強しました。
おかげで、想像以上に良くしてもらえた気がします(笑)

A情報収集

初産って事もあり全然知識がなかったので、日本から妊娠について書かれている本を買って送ってもらいました。

後は韓国の本屋さんにも売っていた、『たまごクラブ』を買ったりして情報をゲットしていました。

後は友達から聞いたり、ネットで情報収集したり・・・・。

自分の体調の変化とか、辛いつわりとかどうやって乗り切るか。とか
色々と勉強になったし、出産の流れとかもわかったりしてとっても助かりました。

B適度な運動

私の場合、夏が丁度安定期だった事もあり日中は基本的に家でゴロゴロ・・・。
夜に旦那と少し散歩をしていました。
今思えば、体が動くうちにもっと歩いておけば良かったな・・。
って所です。

お友達の話からも、歩いておいたら出産の時に子供が早く出てきてくれるそうです☆

妊娠後期になると、歩きたくても足の付け根が痛くなったり子宮が急に痛くなったりして思うように歩けないので、体がラクな時に歩く事をオススメします☆

じゃないと、私みたいに赤ちゃんが中々下におりてこなかったりする
みたいです。

後は、マタニティヨガのDVD付の本をもらったので、DVDを見ながらやったりしました。

これも呼吸法とか、結構やっておいた方が良いです。
陣痛の時に、呼吸をする事がとても大事になってくるので、呼吸法を
マスターしておけば陣痛の時にラクだろうなぁ。
と思います。私は中途半端すぎたので、思うように出来ませんでしたが・・><

後は股関節のストレッチ!!
柔らかいに越した事はないですよ〜!

水泳も良いみたいですね☆
私は泳げないので試さなかったけど、出産3日前まで泳いでいた知り合いはかなりの安産だったみたいです。

そうそう、雑巾掛けも良いみたいです。
赤ちゃんの頭が中々下りてこない妊婦さんにはとっても良いみたいですよ!
普段から少しずつ雑巾掛けをやってる人も、赤ちゃんが早めに出てきてくれるとか・・・。
家もキレイになって、一石二鳥です!


Cストレス解消

マタニティブルーって本当にあるんだなぁ。って妊娠中に何度か思いました。

わけもないのにものすごくイライラしたり、何をしても気分が盛り上がらなかったり・・・・。
突然涙が出たり。

こんな時は、ちょっと旦那に無理を言ってドライブに連れて行ってもらったり、友達と会って気分を変えたりするのがとっても良かったです。

後は、好きな物を食べたりね!
妊婦だから気をつけるのは当然なんですけど、ジャンクフードだって甘い物だって食べたくなるんですよ。

これをずーーっと我慢できる人ってすごい!!
私は、結構食べてしまった方ですね(爆)
ストレスが溜まるよりは、食べた方が良いな。って感じです(笑)

正直妊娠中よりも、母乳をあげる予定であれば出産後の食事の方が
大事な感じです。
なので、妊娠中にたまに食べたいものは少し食べた方が良いと思われますよ〜。

Dイメージトレーニング

妊娠後期に入ってくると、いよいよ赤ちゃんに会えるんだ!
って言う嬉しさがある反面、出産への恐怖&不安が出てきました。

一度も経験した事がないし、海外なので上手く出産出来るだろうか・・。とぎりぎりになって結構ビビッちゃいました。

なので、『たまごクラブ』についていた『絶対安産ガイド』という出産の流れが書いてあった小冊子や、本をものすごく読んで、出産の流れを頭に入れました。

色んな人の体験談を読んだり、出産の始まり方とか陣痛の乗り切り方とか・・・

おしるしから始まれば良いですけど、いきなり破水から始まったりする事もあるし、高位破水で気づかずにいたら赤ちゃんが感染症にかかる。って言うしで、ネットからも情報を得たりして色々なケースを想像したりしました。

結局何も起こらずに入院してからの出産だったので、焦る事も無かったのですが、陣痛が来てからがとても役立ちました!!

この間隔だったら、今ここら辺で・・・。
と冷静に頭の中で判断できたので、パニックにならずにすみました☆


参考にしたサイト↓
http://www.premama.jp/index.html

E友達のアドバイス

子供を3人産んだ友達から、『いきむ時に、う○ちを出すようにいきむとするする出てくるよ!3人目の時に私も聞いて試してみたけど、今までより全然出産が早かった!』
と言うアドバイスを聞いていたので、出産の時に思い出し(結構冷静になれるもんですね(笑))試してみました!
これ、本当に良かったです。

私もいきんでから20分〜30分くらいで出産出来たのは、このおかげもあったなぁ。って出産後にすごく思いました!

F病院に流れを聞く

出産方法ってそこまで違わないと思うのですが、日本は色々な出産方法があるじゃないですか。

導尿や会陰切開をやらない所もあるみたいだし。

私が通った病院では、夫婦分娩教室で一通りの流れを教えてくれたので、出産の時に何をされるか。と言うのが前もってわかったので、それも良かったです。

当日に何をされるんだろう?ってドキドキしなくってすみますからね☆

これも、出産の時に『次はアレだな。』と冷静に頭の中で判断できたので良かったです。

G立会い出産

出産の時に旦那に立ち会ってもらって本当に良かったなぁ。って私は思いました。

陣痛の時にものすごく痛くて、何の痛みも無い旦那とかが少し憎くなったりもしましたが(笑)

横で手を握ってくれたり、声をかけてくれたりして励ましてくれたのはすごく心強かったです。

すごく辛い時に一番頼りたい相手がいる。ってだけで、私は気分的に違いました☆

でも、本とか読んでると『旦那の行動にいらいらした。』 って人が結構いました(笑)

ああして欲しかった。こうして欲しかった。っていう不満も多いみたいです☆

後、旦那さんが倒れちゃった(笑)とか。

賛否両論ですが、立会いを望むのであれば旦那さんに色々と希望を伝えておいた方が良さそうです。



今日で丁度出産から1ヶ月が経ちました☆
体の方も大分回復して、寝不足ながらも育児の方にも慣れて
きました!!
赤ちゃん本当に可愛いです♪
皆さんも頑張って可愛い赤ちゃんを出産して下さいね〜!


ラベル:韓国 海外出産
posted by デージー at 13:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

入院生活A

排尿障害から、一日中管を通し膀胱を休めた次の日の朝、
管をはずしお昼過ぎまでに一度一人で排尿をするように言われました。

内心ちゃんと出来ないんじゃないか・・・・><とかなりドキドキ。
出来なかったら退院も出来ないし。
とりあえず旦那が、水をたくさん飲みなさい。と言うので、
ずーっと飲んでみる。

お昼過ぎあたりにトイレに行きたくなったので、恐る恐る行ってみると・・・・

『一人で出来たー(涙)!!』
正直この時の感動は、結構大きかった(笑)

とりあえずトイレも一人で行けるようになったし、退院前日と言う事もあって赤ちゃんとの生活を体験してみよう!
と、寝るまでの間だけ部屋に我が子を連れて来る事にしました!

『うわぁー。小さい〜!可愛い〜!』と旦那がとっても嬉しそう。

『静かだねぇ。』何て話している最中に、

『うんめぇー!うんめぇー!』
(泣き声を聞くとこう聞こえるんですよね(笑))

とすごい顔を真っ赤にして泣き出しちゃいました。

私達2人ともかなりオロオロしちゃって、とりあえず母乳をあげてみよう。
とあげてみるも、泣き止まず・・・

きっとおしっこしたんだよ!とパンパースを見てみたら、おしっこを
していました!!

『これだったんだねぇー!』何てのん気にパンパースをかえようとしたけれど、やり方がわからない><

慌てて、新生児室に連れて行き先生に色々とレクチャーをしてもらいに行きました(汗)

で、お腹も満たされていないみたいだったので(母乳の出が悪くて)
ブドウ糖を飲ませることに。

これを飲んだら不思議だけれど、急に静かになっちゃって・・。

旦那、いきなりの疲労困憊・・・。
『ちょっともうダメかも・・。』とくじけちゃいました(笑)。

『明日から我々が面倒を見なくちゃダメなんだよ!!』と旦那の尻を叩き、夜の10時頃まで頑張ってみました。

その間、何度も大泣きをされ(笑)
2人でへとへとになりながら、新生児室へ連れて行き先生に最後の面倒を託しました☆

いやぁー。前日に一度連れてきて良かったね。
家でこんな事になったら大変だったよ><
と、2人で次の日からの赤ちゃんとの生活への覚悟を決めました(笑)

そして、次の日無事に退院!

そうそう、自然分娩だと保険が利くらしいんですよね☆
前日からの入院を含めて4泊5日もしてしまったし、分娩も一人室・入院部屋も一人部屋を2日も使ったから結構高いだろうなぁー。
って思っていたら、全部で70万ウォンもいかないくらいでした〜

もっといくと思っていたので、ちょっと拍子抜け。

日本に比べたら、どれだけ安いのか!?ってくらい安いですよね(笑)

いきなりの自然分娩で、良かったのかもしれないです(笑)

友達が帝王切開だったのだけれど、帝王切開でも150万ウォンくらいだったそうです。

赤ちゃんも無事に退院出来、これから家での生活がスタートです!!

ラベル:海外出産 韓国
posted by デージー at 14:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

産後の入院生活

この日赤ちゃんを出産した人が多かったらしく、一人部屋がとれず2人部屋へ。

思ったほど体力は消耗してなかったけれど、腰がものすごく痛くって座ってるのも寝てるのも2~3時間辛かった><

けれど、その日のうちに大分回復。

そうそう、出産時に力を思いっきりいれたせいか顔&体中が内出血で真っ赤な斑点が出来てました><
目の周りも真っ赤に腫れ上がってたし・・・。お化けみたいで正直びっくり。それくらい力を使ったって事ですよね・・・。


ちょっとしてから、看護婦さんに自力で排尿が出来るかチェックしてみて。
と言う事で、尿意を感じたのでトイレに行って見るも出ず・・・。

結局導尿してもらうハメに。
導尿の管を通す時、痛いんだよね><

でも、おかげでスッキリ!

そして夜にまた尿意を感じたので、トイレに行くも全然出ず・・・。
さっき導尿したからそう感じるのかもしれない。って看護婦さんに
言われたので様子を見てみるも、やっぱり何か変。
膀胱炎のように、何度もトイレに行きたくなったので再度導尿をする事に。

体は全然大丈夫なのに、排尿障害になってしまいました><
良くあることらしいのだけど・・・。


そして、2人部屋ってやっぱり不便ですね☆
同室の方も出産直後で、お互い旦那の介護無しではで色々と大変な状態。
私は比較的一人でも動ける感じだったけれど、同室の方はかなり重症な感じで一人では全然身動きも出来ない状況。

時間も関係なく、看護婦さんが行ったり来たりの状況&同室の夫婦のイビキがすごすぎて全然眠れない感じでした><。

なので次の日に一人部屋が空いた。と言うので移動させてもらう事に。

韓国って、自然分娩だったら基本『2泊3日』で退院なんですけど、私は排尿が上手く出来なかったので次の日一日中導尿をしてもらう事になり、他の人より1泊多く入院する事になりました。

一人部屋だったので、赤ちゃんを自分の部屋に連れてくる事も出来たのだけど、管を通していた事もあり、不便だったのでその日は新生児室にちょくちょく母乳をあげに会いに行ったりしました。

全然母乳出てなかったんですけどね><
でも我が子に会いたくって、行ったり来たりしちゃいました☆

会うたんびに、とっても愛らしくって涙が出そうになっり・・・(笑)
自分の子が一番可愛いなぁ。って思ったり、泣き声まで可愛い(笑)
何て思ったり・・・。
やっぱり自分の子供って特別ですね!!


そうそう、赤ちゃんって生まれたばかりなのに、おっぱいを吸う力がものっすごくって最初かなりびっくりしちゃいました。
しかも痛いし(笑)

本で読んでいても中々実感なかったのですが、体験してみて初めて『こういう事だったのねー。』って納得する事も多く、出産後2日目にして色々と学びました。

この日は来客も多く、たくさんの方がお祝いをしてくれとっても忙しい一日でした☆







posted by デージー at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

出産当日A

あと1時間・・・。と宣告されてから、泣きべそをかきながら
頑張って耐えていると、30分後くらいに陣痛の感じが変わって来ました。

何かう○ちが出そうな感じ・・・・。
陣痛の間隔も短いし。

本で読んだ『いきみ』の状態では?!
と思い、

旦那に『何かう○ちが出そうな感じになってきたから先生を呼んで!!』と告げ、先生をすぐに呼んでもらいました。

すぐに先生がきてくれ、内診をされると

『おぉ!赤ちゃんが下りてきたね〜!!もう50%だよ!!』

と言われ、やっと注射をしてもらえる!!
とかなり安堵していると、

『このままだったら、そのまま産んだ方が早いね!いい骨盤してるからすぐ生まれるよ〜!!』

とおっしゃるではないですか!!

私はもう痛みから逃げられる〜〜!!とばかり思っていたので、

『先生、そんな事をいわずに注射を打ってください(涙)』

と普段上手く出てこない韓国語も、こんな時ばかりは必死に伝えてみるも

『注射の先生が来て、それから麻酔かけてってやってるうちに赤ちゃんが生まれちゃうから。大丈夫。私が手伝ってあげるから。』

と急遽自然分娩に変更。

仕方がない・・・。と腹をくくり、助産師さんの言うがままに頑張る事にしました。

自分の両足を両手で固定し(セルフなんですね)、傍らに助産師さん、もう傍らに旦那。と言うシンプルなメンバーで挑む事に。

助産師さんの(陣痛の並に乗りながら)『おへそを見るように10秒息を止めて力を思いっきりいれてー!!!』と言う掛け声に合わせながら思いっきりいきむ。

このいきむ時に、3人の子供を産んだ大先輩が、
『う○ちをするようにいきむと、本当にするする出てくるんだよ!これかなりポイントだから!』と言っていた言葉を思い出し、その様に実行。

本当にするすると来てるみたいで、助産師さんも
『ほらほら、もう70%だよ〜!!頑張ろう!!』

『あと5回くらいいきめば、赤ちゃんの頭が見えてくるよ!!』と
言うので、ちょっと気も楽に。

このいきむ時に、かなりの力が要されます。
陣痛1回に対し、10秒間息を止めていきむ行為を2回やります。
10秒間の途中で息がもれたり、力が抜けたりしたらダメらしく
しっかり10秒間頑張る事が重要みたいです。

途中から助産師さんが、私のお腹をぐりぐりと上から下へ流すように
押したりとしてあっという間に赤ちゃんの頭が見え隠れ。

旦那は隣で私は支えながら泣いていました(笑)
後で聞いたら、こんなに力を入れて頑張ってる姿に感動と可哀相で
涙が止まらなかったみたい(笑)

私は泣いてる旦那を横目に、何気に冷静にいられ『何で泣いてるのか?!』と思えた程落ち着いていました。

頭が見え隠れした所で、主治医の登場。

いよいよ赤ちゃんが出るって事だ!!と、準備の間なぜか一人で頑張っていきんでいました(笑)

準備が整った所で、会陰切開をする為に麻酔をされました。
と言っても麻酔が聞く前に切ってたけど。
考えていた時は怖かったけど、実際は痛くなかったです。

で最後のいきみを開始。
手持ちの取っ手を引くようにいきんで!!と言われ、
そのようにいきむと

赤ちゃんがにゅるにゅるにゅる〜とでました。
旦那が言うには、ウナギがにゅるにゅるって出る感じだったよ!
と言うくらいすぽん!と生まれちゃいました。

すぽん。と出るので、先生が赤ちゃんをキャッチ(笑)
受け取るのも技術がいるね。何て後で旦那が言ってたけど(笑)

その後赤ちゃんが羊水を飲んだかで手早く管を入れて看護婦さんがそれを吸い上げ旦那がへその緒を切り・・・・(このへその緒って簡単に切れないみたいですね)

3時37分3020gの女の子が誕生。と時計を見ながら看護婦さんが言い、

その傍らで先生はぐりぐりと私のお腹を刺激し、胎盤を摘出した後
会陰切開した部分をチクチクと縫っていました。
かなり縫われていたので、いきんだ時に亀裂が入りすぎたかな。ってちょっと思いました。
この縫うのも、思ったより痛くなくこんなもんかな。って感じでしたよ☆

で、赤ちゃんがタオルにくるまれてから私の所に来ておっぱいを一口吸ってから新生児室へ移動。

私はその場で1時間くらい横になってから、病室へ。

赤ちゃんってもっとゆっくり出てくるものだとばかり思っていたのに、にゅるん。って出るなんてびっくりでした☆

旦那は泣きながら『よく頑張ったね。ありがと〜〜。』と言い、
私はのん気にお腹が空いたなぁ。何て思いながら横たわっていました(笑)。

結局、陣痛を起こしてから5時間で出産。
赤ちゃんが出るまでは20分〜30分程度と、何気に大安産!?
だった私。

無事に出産出来て何よりでした!!

出産した日は、腰がものすごく痛くってちょっと大変だったけれど
動けないほどではなかった。
ただ排尿障害がおこり、ちょっと大変だったけれど><

2人部屋だったのだけれど、隣の人が

『あなた何でそんなに動けるの?』と驚かれるほど、なぜか体が動き
(笑)食欲も旺盛でした!!

※入院の時の事もゆっくり書いていきますねー!



ラベル:韓国 海外出産
posted by デージー at 13:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

出産当日

結局点滴がブドウ糖だという事がわかり、再び睡眠へ。
赤ちゃんの心音を聞きながらなので、あまり良く眠れない・・・・。

かなりの睡眠不足の中、10時頃にいよいよ陣痛誘発剤を打つことに。
ブドウ糖と一緒に点滴をされました。

正直お腹も空いてるし、眠気も襲ってくるしで体力的に大丈夫なの?って状態。

点滴を打っても、すぐには痛くならなかったけれど徐々に生理痛のような痛みが!!
お腹の下の方が何か痛いぞ!?って感じ。

これが陣痛か!?
と、すぐ側にいた旦那に『陣痛が来たかも・・・。』と伝える。
この時点では、まだ全然余裕。って感じ。

でも10分間隔よりは、もっと間隔がせまかった気がしました。

そんなこんなしていたら、どんどんと痛くなる・・・。
義母さんが来てくれるけど、痛みであいさつも辛いくらい。
マッサージとかしてくれたけど、それが逆に辛かったりしたので
やめてもらいました。
どっちかって言うと、旦那に腰に手をあてて温めてもらった方が私はラクだったです。

こんなに痛いんだもん。もう結構子宮口開いてるよ><
と泣きべそをかきながら旦那に訴える私。

しかし、内診をされると

『まだまだ2cmですね。全然まだまだ(笑)』
と看護婦さんに言われ、愕然とする。

その後も痛みのウェーブが続き、子宮口が2~3センチだったら10分間隔のはずなのに、全然10分間隔じゃない気がしてならなかった。

陣痛誘発したから?!とにかく痛くて、左右にゴロゴロ動きながら痛い時は旦那の手を握ったり、バーにつかまったりして頑張ってみる。

少しして主治医の先生が診てくれて、『まだ2.5cmだねぇ。4cmくらいになったら無痛も出来るから言ってね。』

私の頭の中に、 
『あと1.5cm・・・。』

と言う言葉がぐるぐると駆巡る・・・

途中で来た看護婦さんに旦那が

『普通どのくらいで赤ちゃんって生まれるんですか?!』と質問。

私もその事聞きたい!!ってくらい痛みに耐えながら耳を澄ましていると、

『人それぞれですよ〜(笑)2泊3日もかかる人だっているんだから!』

『2泊3日!?』

何?何?ちょっとした旅行じゃないか><
そんな軽く言わないでー><
こんな痛みが2泊3日も続いたら、正直死んでしまうだろう・・・。

聞きたかった事だけど、聞かなきゃ良かった・・。と後悔。

そして痛みもかなりピークに><
内診してもらうと、子宮口は柔らかくなってきて現在3cmだと言う。
『嘘でしょ?もっと開いてるはずだよ><』
と旦那に訴える私。
そして、『もう我慢できないから、先生に注射してもらうように言って!!』と涙目で旦那に訴え、旦那が先生に伝えてみるも

『今ここで無痛注射を打ってしまうと、今までの陣痛がなくなってしまう場合がある。』と言う事で、4cm以上開かないと打てない。
と言われてしまいました。

泣きそうな私を、旦那は『ここまで来たんだから、頑張ろう!』と励ましてくれ、半ば諦めながら頑張る事に。

この時点で、内診はもうあまり痛みを感じませんでした。

あまりの痛みに、陣痛が来るたびに『痛い><痛い><痛い><』
と言っていたせいで、陣痛が来ている時に赤ちゃんに酸素が回らない。
と言う事で酸素マスクをつけられました。
そして、陣痛が来ても、きちんと呼吸するように!!と。
じゃないと、赤ちゃんに酸素がいかなくなって赤ちゃんも苦しいから。
と言われ、辛いながらにも呼吸をする努力をしました。
正直上手く出来なかったけど・・。

そして、また少ししてから主治医の先生がやってきて内診。
4cm開いてるけど、赤ちゃんが下りてきてない。
と言う事と、赤ちゃんの心音が乱れている(私が陣痛の時に上手に呼吸が出来ない事もあり・・)と言う事で、あと1時間様子を見て
赤ちゃんが下りてこなかったら帝王切開の可能性もあります。
と言われる。

この時の痛みは、かなり半端なく
また私は『あと1時間なんて待てないよ><早くラクにしてもらって><』と旦那に訴える。
正直、もう帝王切開でラクになるならそれでも良い。と言う思いが頭の中をよぎるほど。

でも、また旦那が『ここまで来たから、頑張ってみよう。あと1時間後には無痛注射か帝王切開に決まるから。』と。

あと1時間・・・。
どのくらいの痛みを乗り越えなくちゃならないの?!

この時はもう全然余裕もなく、ただ痛みに耐えるしかなかったです。


※続きはまた!

ラベル:韓国 海外出産
posted by デージー at 11:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

入院日

11月20日までに結局赤ちゃんが生まれなかったので、予定通り入院をする事になりました。

どうせ入院するんだから。と言う事で、夕ご飯はブテチゲを食べに行く事に。
更に、マックのポテトが食べたい!!
と言う事で、マックのポテト&アイスを食べてみました☆

そして、病院へレッツ・ゴー!!

内心はこんな明るい感じではなく、行きは旦那共々かなり緊張気味。
どうなるのだろう・・・。と不安全開。

いつも騒がしい病院なのに、夜はとっても静かでそれがまた緊張を更にあおる感じでした。

入院の手続きを済ませ、私だけが先に準備をする事に。
家族室(一人部屋)が一つ空いていたので、家族室にしてもらいまし
た。
要は、陣痛室と分娩室が一緒になってる部屋。って事です。
そして、家族が3人まで一緒に入れると言う利点も。

大部屋だったら、他の人の声とか聞いてもっとひるみそうだったので(笑)

洋服を着替え、体重を量り家族室へ移動。

そしてベッドに横になり、剃毛・浣腸・点滴。
で、準備完了。
点滴の針が、太いせいか痛かった〜><

びっくりなのが、なぜか義父母が心配してわざわざ夜中の11時頃に来てくれ、まだまだ生まれないから(笑)
と言う事で、帰ってもらいました。
家族中が緊張して、天ぱってしまったみたいです(笑)

少ししてから、子宮口をやわらかくする薬を入れられたが赤ちゃんがストレスを受けている。と言う事で、はずされる。

それから結局朝まで寝ることに。

しかし、分娩室の部屋がかなり暑かったのと、乾燥してたのですごく喉が渇いたけれど、点滴をされてから飲み食いは一切ダメだから。
と言われていたので、何も口に出来ず・・・・。

正直全然良く眠れなかった><

そしてチョクチョク内診をされ、とにかく痛い・・・。
子宮口が開いて下に下りてくれば痛くなくなるから。と言うけど
信じられない・・。

しかも浣腸をされたにも関わらず、たくさん食べ過ぎた&緊張のせいかトイレに行きたくなり『本当はダメなのよ〜』何て言われながらも
2回も行かせてもらいました(恥)

何回か血圧等計られ、朝になっても陣痛の気配がないから
旦那と『陣痛誘発剤って結構時間がかかるものなんだねぇ。』
なんて話をしていたら、
私が打っていた点滴は、ただのブドウ糖でした。

旦那も私もびっくり☆

打ってるのが、陣痛誘発剤だとばかり思っていたので
そりゃ痛くもないよなぁーー・・・。

なぜ前日から入院だったんだろう・・・。家でゆっくり寝てきたほうが全然良かったよ・・。
と言う気持ちでいっぱいでした。


※続きはまた!


ラベル:韓国 海外出産
posted by デージー at 21:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

我が家にやって来た小さな怪獣

11月21日に、我が家に可愛い小さな怪獣コンジュ(お姫様)が誕生しました!

名前は『リナ』です!

男の子だったら、おじいちゃんが名前をつける予定だった(勝手に・・)そうなのだけど、女の子だったので私と旦那が考えていた名前をつける事に!

とっても可愛いくって、旦那もメロメロです♪

でも正直小さな怪獣です(笑)
泣き声もすごいし、おっぱいをほおばる時の顔は、まさに猛獣(笑)

いきなりの子育て突入に、睡眠不足と戦いながら頑張ってる毎日です!

出産についても細かく書いていく予定!
参考になるかどうかは謎ですが・・・☆


ラベル:韓国 海外出産
posted by デージー at 15:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。